洋服や棒編みで作ったセーターなど、ハンドメイド作品を載せています。

洋裁に関しては約40年を、編み物に関しては独学で数十点のセーター類を編んできました。

スポンサーリンク
ハンドメイド

有孔ボードでミシン糸の置き台を作った

糸を置く台があればいいなぁ~ 洋服直しの仕事を自宅でしていたとき、糸が大量に必要でした。 お直しは、できるだけ元の縫い糸と同じ色がいいからです。それでも同じ色って、なかなかないものです。そんなこんなで、多量の色の糸が増えていっ...
ハンドメイド

解いた絹の生地を手洗いする、しわにならないように

絹の着物を解いて洗うときは、手洗いで 絹の着物は家庭で洗濯をする品物ではない、といわれるかもしれません。でも「出来ることなら家庭で洗いたい」という方が多いはずです。「洗濯機で手洗いモードで洗えば大丈夫」と思って洗ってしまい、生地を見...
ハンドメイド

正絹かどうか、着物の糸を燃やして確かめる

正絹の着物には独特の美しい光沢があり、絹独特の衣ずれの音があります。さらに、しっとりと肌になじむ手触りもあります。正絹かどうかを判断するのに、繊維を燃やしてみることが一番わかりやすいということです。
ハンドメイド

何年も前に編んだセーター:まだ着れるけど

何年も前に編んだ春秋セーターです。三点だけ紹介します。 たぶん7、8年位前に編んだセーターです。 綿100%の糸だと思います。七分袖です。 そのころは模様編みが好きで、デザインを考えたりするのも好きでした。特にな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました